ブログ(仮)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

女の子は優しくて可愛いものだと考えていた時期が俺にもありました

どうも二丸です。お久しぶりです。
確認してみたら、前回更新が6月10日って……1年も経ってることに我ながら驚きました。

直接メールをくださった方、ありがとうございます。
声を直接いただき、励みになりました。
返信もさせていただきましたが、この場にて改めて感謝いたします。

さて、このたび電撃文庫から7月に新刊が出ることになり、
公式ホームページでも絵つきで紹介されましたので、
このブログでもお知らせしようと思い、久しぶりの更新です。


タイトルは

「女の子は優しくて可愛いものだと考えていた時期が俺にもありました」

……って、クソ長いな。
電撃文庫の歴代の作品で見ても、もしかして1番の長さでしょうか?
とにかく今回のタイトルは『内容が一目で「ラブコメ」とわかるようにしたい!』
というのが1番にあったので、書店で通りかかった方々にそれが伝われば幸いだと思っております。


ということで今作はラブコメです。
前作と全然方向性が違います。
そのため前作のノリを期待されている方には申し訳ないなぁという気持ちがあります。
でももし許されるなら、二丸がラブコメ書くとこうなるんだ~ってなノリで、
前作を読まれた方も手に取っていただければ嬉しいです。

また電撃文庫の先生方にお会いしたとき
「ギフテッドの3巻どうなの?」
と聞かれることが多いのですが、今作のあとがきで触れていますので、
手に取って見ていただければ幸いです。


今回ラブコメを書いたのは、私自身が書きたかったからです。
今作は別の企画が進んでいる最中に書いており、何の前触れもなく編集者さんに
「実はこんな作品を書きましたので読んでください」
と一冊分の原稿を送るという暴挙(?)から始まりました。

ちなみに電撃の忘年会で某先生(許可を取っていないので名前を伏せますが)にこの話をしましたところ、
「二丸さんはあいかわらず電撃文庫の狂犬やわ~。真似できんわ~」
的なことを言われました。
……あれ、そんなキャラクターで定着してるん?


私は自分の完全な好みで書きますと、ギフテッドのように、
「地味!」「重い!」といった話にどうしてもなってしまいますが、私自身、ラブコメも好きです。
いつか書いてみたいと思っていたラブコメが
こうして本として出版できることができてホントによかったと思っております。

ただ、ラブコメだけではこの世に私よりうまい方が腐るほどいると思うので、
アクにならない程度に「二丸らしさ」みたいなものが入れられたらなと思って書きました。
今作ではギフテッドのように解説することはあまりないのですが、
今作のコンセプトや注意した点、どのような考えから今作を組み立てていったか、などを混じえて、
作品発売後にまた何かしら書きたいと思っておりますので、もしよければのぞいてみてください。


それでは最後は今作のあらすじで締めさせていただきます。

------------------------------------------------
 一狩りされようぜ!? 貴重な男子を巡り、美少女たちの熾烈な戦いの幕が上がる!

 99%の男性が死滅した世界。希少な男子・久我原湊は、4年間隔離された生活を送っていたが、晴れて男女共学の高校へ編入することに。美少女だらけ・女子率99%という学校で、優しい女の子たちとのハーレム生活を夢見る湊だったが、女の子たちは強くなりすぎていた(物理的に)。美少女……でも異能持ち、美少女……でも超肉食系、美少女……でも妹!? 男の妄想を叶えてぶち壊す、波乱だらけの学園ラブコメ!
------------------------------------------------



スポンサーサイト
  1. 2013/06/07(金) 22:58:53|
  2. 小説紹介
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。